会社概要

名称                松屋酒造株式会社
本社所在地   群馬県藤岡市藤岡乙180
製造銘柄   手作りとうせん・當選
代表者・杜氏   松原 三友

当社は江戸時代後期より富山県富山市内で米問屋を営んでおりましたが、明治時代後期になり酒造りを始めました。四代目にあたる先代が戦後の酒不足の時期、より多くの酒を造るため酒造権を求めていたところ、現在地の酒蔵が売りに出されており、酒造権だけでなく酒蔵ごと買収しました。
群馬県藤岡は御荷鉾山系から湧き出す名水の豊富なところで、酒造りに適した場所であるばかりでなく、東京市場にも近いこともあり、以後、当地藤岡を本社とし、昭和26年松屋酒造株式会社を設立しました。

平成7年より、南部杜氏に頼っていた酒造りをやめ、自らが杜氏として酒造りを始めました。その際、機械化が進む昨今の酒造りに逆らい、徹底的に手造りにこだわろうと、米洗い・自然放冷等を昔ながらの方法で行っています。本当に『小さな酒蔵』でこそ出来る酒造りです。

又、酒造りを一般の方たちにも参加して頂き、いっしょに作業しながら行なうことによって、日本酒の文化を広めて行きたいと考え、『酒造り一日体験実習』を続けています。極寒の中を、毎年酒造りを楽しみに参加して下さる方がたくさんいらっしゃいます。
杜氏たちが酒造りを行なっていた時には、一般の方たちを蔵の中に入れるなど考えられないことでした。まして、麹むろの中に入れるなど禁物でした。今は、体験実習の方たちといっしょに麹を造り、酒を仕込んでおります。
旨い酒は、基本に忠実であることが一番です。

松屋酒造(株)受賞歴

平成2年 関東信越国税局鑑評会優秀賞
平成2年 全国新酒鑑評会入賞 
平成3年 全国新酒鑑評会入賞
平成4年 全国新酒鑑評会入賞

平成5年 全国新酒鑑評会入賞

平成6年 関東信越国税局鑑評会優秀賞

平成7年 関東信越国税局鑑評会優秀賞

平成10年 関東信越国税局鑑評会優秀賞
平成12年 関東信越国税局鑑評会優秀賞
平成12年 全国新酒鑑評会金賞 
平成13年 関東信越国税局鑑評会優秀賞
平成15年 関東信越国税局鑑評会優秀賞
平成15年 全国新酒鑑評会金賞
平成17年 関東信越国税局鑑評会優秀賞

平成22年 全国新酒鑑評会 入賞
平成23年 関東信越国税局鑑評会 純米の部 優秀賞



平成24年 全国新酒鑑評会入賞